うなじ脱毛は医療がおすすめな理由とは?必要な回数とメリットも解説

うなじのムダ毛、きちんと処理していますか?
うなじは自分では見づらい部分ですが、意外と人の目につきやすい部分です。だからといって自己処理をすると、襟足の形がうまく整わなかったり、ツルツルになりすぎて不自然な仕上がりになったりすることもあります。
このような失敗を避けるためには、やはりきちんと脱毛を受けるのがおすすめです。
そこで今回は、うなじ脱毛のメリットと脱毛完了までの必要回数、そして、うなじの脱毛は医療脱毛がおすすめである理由について解説します。

うなじ脱毛のメリット

まず、うなじ脱毛のメリットを見ていきましょう。

自己処理の難しい部分がキレイになる

うなじは手が届きにくく鏡でもチェックしにくいため、自己処理がとても難しいパーツです。特に襟足は形が整えにくく、かなり器用な人でも左右対称に仕上げるのは至難の業です。
また、カミソリなどで剃りすぎてしまうと、その部分だけ不自然に毛がなくなってしまうため違和感が生じやすくなります。皮膚が薄くデリケートな部分なので、ケガをしやすいのも難点の一つです。
しかし、うなじ脱毛を受けると美しく形を整えてもらえるうえに、仕上がりも自然でケガのリスクからも解放されます。

清潔感がアップする

うなじ脱毛をすると、首回りがすっきりと明るくなって清潔感がアップします。首が長く見えて繊細さが増すため、女性らしさもアピールできます。
うなじは、髪の毛をちょっとかき上げたときや、首回りが広く開いた服を着たときなどに意外と見られています。また、男性のなかには、ちらりと見える「うなじ」に色気を感じる人も少なくありません。
そのため、うなじがきれいになると清潔感がアップするだけではなく、女性としての好感度アップにもつながるかもしれません。

似合うヘアスタイル・服装が増える

うなじがきれいになると、髪の毛をアップにするなどいろいろなヘアスタイルを楽しむことができます。もちろん、ショートヘアも可愛く決まります。
また、特に夏場の露出の多い服装や、挙式や披露宴など特別なイベントで着用する着物やドレスでは、うなじがきれいに処理されているかどうかで印象が大きく変わってきます。
そのため、うなじは洋装ブライダル脱毛の人気部位としても注目されています。

うなじ脱毛に必要な回数

では、うなじ脱毛を完了するまでには何回くらいかかるのでしょうか。
医療脱毛とエステサロンなどで受けられる脱毛を比較してみましょう。

医療脱毛は5〜6回

医療脱毛の回数は、毛量やデザインによりますが、おおむね5〜6回の脱毛で終了する場合がほとんどです。永久脱毛なので、脱毛完了後は自己処理をしなくても大丈夫です。
「ツルツルになってしまうのでは?」と不安になるかもしれませんが、自然な仕上がりになるようにうまく毛量をコントロールしてくれるので心配ありません。
どのような仕上がりにしたいのか、カウンセリング時に希望をきちんと伝えておくことも大切です。

サロン脱毛は8回以上かかることも!

エステサロンなどの脱毛では、医療脱毛ほど高出力のマシンが使えないため、満足のいく効果が得られるまでに8回以上かかることもあります。
また、永久脱毛効果はないため、脱毛後しばらくすると自己処理が必要になる可能性があります。

脱毛終了までにかかる総額に注意

多くのクリニック・エステサロンでは、うなじ脱毛を希望すると5〜8回程度の回数制プランを提示されます。
しかし、うなじの毛量は個人差が大きいため、既定の回数では終了できないこともあります。したがって、コース終了後に追加脱毛を受ける場合の料金もあらかじめチェックしておくべきでしょう。
クリニックによっては、コース終了後の追加脱毛の料金が低価格に抑えられている場合もあります。コース料金ではなく脱毛終了までにかかる総額を考慮して、後悔のない脱毛を受けるようにしてください。

うなじは医療脱毛がおすすめな理由

うなじ脱毛はエステサロンなどでも受けられますが、アフターケアやコストパフォーマンスなどの観点から医療脱毛のほうがおすすめです。

デリケートなうなじはクリニックでケアするべき

うなじは、比較的皮膚の薄い部分です。また、髪の毛の生え際に近い部分は色の濃い太い毛もあるため、火傷(やけど)のリスクが高くなります。そのため、医師のいるクリニックで医療脱毛を受けることをおすすめします。
クリニックであれば、施術後に炎症止めの塗り薬が処方される場合もあります。万が一の火傷などにも、迅速な対応が期待できます。

医療脱毛のほうがコスパが良い

医療脱毛は永久脱毛なので、施術に明確なゴールがあります。一方、エステサロンなどの脱毛は永久脱毛ではないため、毛量が減るまでに時間がかかるうえ、通うのをやめてしまうと元の状態に戻ってしまうリスクがあります。
たしかに、1回あたりの施術料は医療脱毛のほうが若干高めです。しかし、総額でみると、エステサロンなどで脱毛を受けるほうが高くなってしまうケースも少なくありません。したがって、コストパフォーマンスの面でもやはり医療脱毛のほうがおすすめといえます。

痛みが強い場合は麻酔を使ってもらえることも

うなじに限らず、脱毛には痛みをともなうことがあります。マシンの出力を下げれば痛みは軽減されますが、十分な脱毛効果が得られなくなる可能性があります。
しかし、医師のもとで受ける医療脱毛であれば、痛みの程度に応じて麻酔の使用が考慮される場合もあります。一方、エステサロンなどでは麻酔を使うことはできません。
このような点からも、うなじの脱毛は医療脱毛を選ぶべきでしょう。

【まとめ】うなじ脱毛は医療がおすすめな理由とは?必要な回数とメリットも解説

うなじは自己処理が難しい部分ですが、人の目につきやすく、男性からもよくチェックされるパーツです。
うなじをきれいに脱毛すれば、いろいろな髪形を楽しめるだけではなく、首回りが広く開いた服なども着こなせます。挙式の準備として、うなじをきれいにしておけばドレスの選択肢も広がることでしょう。
ただし、人の目を引きやすい部分だからこそ、細心の注意を払って脱毛を受けなければなりません。うなじは、医師のケアが受けられるクリニックで脱毛することをおすすめします。
なおクリニックによって、うなじの照射範囲は若干異なります。また、多くのクリニックでは襟足の太い毛(おもに髪の毛)の脱毛には対応していません。うなじ脱毛を希望する場合は、自分の希望する部位がきちんと脱毛してもらえるかどうかをあらかじめ確認するようにしましょう。

高校生・中学生のVIO脱毛はあり?気をつけたいポイントも解説

高校生・中学生のVIO脱毛はあり?気をつけたいポイントも解説

  • VIO脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

子供から大人へと成長するのに伴い、どんどん生え、濃くなっていく体毛。 思春期真っただ中の中学生、高校生は多感な年頃でもあり、クラスメイトと自分との違いにも敏感になってきます。そんな学校生活の中で気になってくるのが、ムダ毛...

詳しく見る

子供の脱毛は何歳から?未成年の脱毛のデメリットや注意点

子供の脱毛は何歳から?未成年の脱毛のデメリットや注意点

  • 脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

思春期の子どもたちのなかには、自分の容姿だけでなくムダ毛が気になる子どもたちが出てきます。 そのような子どもたちのなかには、正しい知識を持たず、自分たちの思うままに脱毛する子どもたちがいます。 そこでこの記事では、子ども...

詳しく見る