ニキビ・ニキビ跡があっても顔脱毛はできる?ニキビとの関係性も解説

意外と気になる顔の産毛(うぶげ)。
産毛は本来肌を保護する役目がありますが、雑菌を毛穴に導きやすく、肌荒れの原因になることもあります。
そんなムダ毛・産毛を永久脱毛できるということで人気を集めているのが、医療レーザーを使った顔脱毛です。
医療レーザー脱毛は、毛根部にメラニン色素に反応する特殊なレーザー光を照射することで、毛を生えなくします。
しかし、顔はニキビや肌荒れなど、何かと肌トラブルが多い場所でもあります。 肌トラブルが起こっていても、顔脱毛はできるのでしょうか。
今回は、ニキビやニキビ跡があっても施術を受けられる場合とそうでない場合について、ニキビとの関係性もあわせて解説していきます。

顔脱毛してよいニキビと、顔脱毛してはいけないニキビの見分け方

結論からいうと、「顔脱毛してよいニキビ」と「顔脱毛してはいけないニキビ」があります。それぞれの特徴を説明していきましょう。

顔脱毛してよいニキビ

そもそもニキビは、毛穴に皮脂がつまったところにアクネ菌が増殖し、毛穴の中で 炎症を起こす病気です。炎症が長引くと、アクネ菌による炎症の跡が「ニキビ跡」として肌に残ってしまいます。
このうち下記は顔脱毛をすることができます。

  • ニキビ初期:皮脂がたまり毛穴がつまってしまって、白い盛り上がりがある状態
  • 黒ニキビ:毛穴が開き、白ニキビの皮脂が酸化して黒ずんでしまった状態
  • ニキビ跡:ニキビが治った後でも赤みや色素沈着、クレーター(凹み)などが残っている状態

顔脱毛してはいけないニキビ

逆に、アクネ菌が増殖している場合は、顔脱毛によるレーザーの刺激で悪化することがあります。
下記の場合には、脱毛を控えるべきでしょう。

  • 赤ニキビ:白ニキビが悪化し赤く腫れて痛みがあり、炎症を起こした状態
  • 化膿したニキビ: 赤ニキビがさらに悪化し、炎症が激しくなり黄色い膿が見える状態

この場合、ニキビの部分を避けて他の部分を医療脱毛する、スケジュールを調整するなど、ライフスタイルに合わせてご提案していきます。

ニキビ跡の場合、顔脱毛はむしろ効果的

ニキビ跡は、炎症や化膿しているわけではなく、レーザーの刺激にも弱くありません。ニキビ跡による色素沈着は、ホクロや日焼けのように色はそれほど濃くないので、レーザーも強く反応せず、火傷を起こすこともないでしょう。
クリニックによっては、アレキサンドライトレーザーなど、ニキビ跡のケアをして使われているレーザー機器で医療脱毛している場合もあります。その場合、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸の増加を促し、肌の凹みを治していくので、ニキビ跡がかえって改善する可能性もあります。
ただ、あくまで脱毛が目的で照射しているので、「ニキビ跡がついでに改善されたらラッキー」くらいに考えておいたほうがよいでしょう。

顔脱毛したらニキビは予防できる?ニキビと顔脱毛の関係性

ただ、ニキビ跡を治療する特殊なレーザーを使っていなくても、ニキビを予防することができます。それはなぜでしょうか。
ニキビの予防に関する3つの嬉しい効果についてみていきましょう。

顔脱毛すると、毛穴が引き締まる

毛穴はきちんとケアを行わないと、皮脂や汚れがたまりやすい場所です。ニキビは上記の通り、汚れで詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖してできます。
脱毛によって産毛がなくなると毛穴が引き締まり、汚れがたまりやすい場所がなくなってきます。そのため、ニキビができにくくなると考えられます。

顔脱毛すると、自己処理せずに済むから肌を傷つけない

カミソリやシェーバーで自己処理を行う時、どうしても産毛と一緒に肌の角質も削ってしまいます。角質は雑菌から肌を守るバリアのようなもの。その角質が傷つくことで、アクネ菌を肌の奥に侵入させやすくなってしまいます。
顔脱毛すると、そういった自己処理によるリスクを軽減するので、肌のダメージがなくなり、ニキビができにくくなります。

顔脱毛すると、アクネ菌が繁殖しにくくなる

顔脱毛をして顔の産毛がなくなると、肌の表面を覆う油や水分が毛穴から抜けることを防ぐことができます。肌の角質の保水力が上がると、肌のバリア機能もアップ。
スキンケアの効果が上がると、肌のターンオーバーも正常になるため、顔脱毛でアクネ菌が繁殖しくい環境を作ることができます。

顔脱毛した後にできる可能性のあるのは「毛嚢炎」。ニキビとの違いとは?

「医療脱毛の後にニキビができやすいと聞いた」といわれる方もいらっしゃいます。しかし、実際はニキビではなく、「毛嚢炎」のことが多いです。
ニキビと異なる「毛嚢炎」とはなんでしょうか。
毛嚢炎とは「毛穴に菌が入った状態」のことです。
「菌が入る」という点では同じですが、できる過程が違います。
ニキビは皮脂のかたまり(角栓)ができて、毛穴にふたをした所にアクネ菌が入って繁殖した状態です。
一方、毛嚢炎は毛穴のつまりだけでなく、様々な要因で雑菌が毛穴に入る状態を言います。例えば、下記などがあげられます。

  • かゆみが強くて引っかいてしまう
  • ストレスで皮脂の分泌が乱れている
  • カミソリで不十分な処理をしてしまう

同じように、医療脱毛によるレーザーの熱刺激で一時的に肌のバリアが崩れてしまいます。その時、まだふさがっていない毛穴にたまたま雑菌が入り込むと「毛嚢炎」になるのです。
ですから、ニキビには角栓がありますが、毛嚢炎には毛穴の詰まりのような角栓がない点で違います。
軽い毛嚢炎の場合は放っておいても自然とよくなりますが、状態によっては雑菌を減らす抗生剤の塗り薬や飲み薬を使うこともあります。

ニキビやニキビ跡でも安心して顔脱毛を受けられるクリニックの選び方

ニキビでも安心して医療脱毛を受けられるクリニックとは、どのようなクリニックなのでしょうか。

事前に医師がニキビの状態を確認しているか

前述の通り、ニキビの状態によって顔脱毛ができるかどうかが変わってきます。
ニキビの状態を含めて顔の診察を丁寧に行えば、顔脱毛での副反応についてある程度予測することもできます。
逆に、ニキビの状態も把握せずに顔脱毛に移ろうとしたら要注意です。

ニキビ肌の脱毛後のケアについて説明しているか

ニキビ肌は、顔脱毛ができる状態でも角栓が詰まっている証拠。脱毛後でもニキビケアは重要です。
ニキビケアをきちんとすることで、次回の脱毛もしやすくなります。

毛嚢炎ができたときのケアについて説明しているか

顔脱毛の起こりうる合併症として、毛嚢炎が出てくる可能性があります。先ほど述べた通り、毛嚢炎とニキビはかなりわかりづらいもの。万が一でもシミュレーションを立てておくことはとても大切です。
毛嚢炎についてのケアはニキビケアにもつながるので、対処方法も含めて事前によく説明を聞いておきましょう。

【まとめ】ニキビ・ニキビ跡があっても顔脱毛はできる?ニキビとの関係性も解説

今回はニキビやニキビ跡と顔脱毛の関係性について、わかりやすく説明してきました。
大まかにいえば、赤く炎症になっている間は少なくともニキビの部分を避けて顔脱毛を受けられた方がよいでしょう。
もちろん、ニキビやニキビ跡について気軽に相談できる環境も、施術を受けられるクリニックの選び方として大切なポイントです。
ご不安な点があれば、ご自身の肌のことなので、遠慮せずスタッフや担当医師にご相談してください。

VIO脱毛後の生理は伝い漏れ注意?事前に知っておきたいポイントを解説

VIO脱毛後の生理は伝い漏れ注意?事前に知っておきたいポイントを解説

  • VIO脱毛コラム
更新日:2021年05月11日

VIO脱毛をすると、自己処理から解放されて生理時の不快なムレやかゆみなども生じにくくなります。一方で、インターネット上ではVIO脱毛後の生理で「伝い漏れが増えた」という体験談も時折掲載されています。 VIO脱毛をすると、...

詳しく見る

部分脱毛と全身脱毛はどっちがおすすめ?【コスパ・仕上がりetc】

部分脱毛と全身脱毛はどっちがおすすめ?【コスパ・仕上がりetc】

  • 全身脱毛コラム
更新日:2021年06月04日

部分脱毛と全身脱毛では、どちらがおすすめなのでしょうか。 それぞれメリット、デメリットがあり、どんなことを大切にしたいのか、その優先順位によってもその人に合った脱毛は異なります。 今回はコスパや仕上がり、脱毛にかかる時間...

詳しく見る

女性が毛深くなる(体毛が濃くなる)原因と基準は?脱毛による対策がおすすめの理由

女性が毛深くなる(体毛が濃くなる)原因と基準は?脱毛による対策がおすすめの理由

  • 脱毛コラム
更新日:2021年06月17日

女性にとって、体毛が濃くなることはコンプレックスの原因となるかもしれません。しかし、ある一定の割合で毛深くなる女性はおられます。 今回の記事では、女性が毛深くなってしまう原因、また毛深いと判断する基準、またその対策として...

詳しく見る