蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛の効果と仕組みの違い

医療脱毛を扱うクリニックで使用するレーザー式脱毛機器には、主に蓄熱式レーザーと熱破壊式レーザーの2つの照射方法があることをご存知でしょうか?
いずれも効果的な脱毛機器ですが、作用する仕組みにはそれぞれ特徴があり、効果にも多少違いがあります。
そこで今回の記事では、蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛について、その違いや効果などについてご説明いたします。

蓄熱式レーザーによる脱毛について

まず、蓄熱式レーザーによる脱毛ついてご説明します。

蓄熱式レーザーの仕組み

蓄熱式レーザーは、文字通り熱を蓄えることで効果を発揮しています。
実際は出力の低いレーザーを毛根周囲で毛の生成を促しているバルジ領域に集め、熱を蓄積させることによって、この領域を破壊しています。

蓄熱式レーザーの特徴

蓄熱式レーザーは、メラニン色素をターゲットとしていないことから、日焼けをした肌に照射しても負担が少ない特徴があります。
また、色の薄い産毛にもしっかりと作用させることも特徴です。
さらに出力が低い機器を使っていることもあり、痛みが軽いとされています。

蓄熱式レーザーによる脱毛の効果

蓄熱式レーザーでも、永久脱毛は実現できます。
しかし、蓄熱式レーザーは毛根に直接作用しているわけではなく、毛の生成を指令する領域への施術ですので、施術をしてもすぐに毛が抜けるわけではありません。
残念ながら、脱毛効果が実感できるまで多少時間を必要とするデメリットがあります。

熱破壊式レーザーによる脱毛について

次に、熱破壊式レーザーによる脱毛についてご説明します。

熱破壊式レーザーの仕組み

名称だけ見ると、「破壊」とあるので怖く感じる方がおられるかもしれません。
熱破壊式レーザーは、別名ショット式レーザーとも呼ばれており、単発のレーザーを照射しています。
このレーザーは、毛根にある色素に吸収される特性を持っています。レーザーが照射されると色素にエネルギーが蓄えられ、そのエネルギーによって毛根細胞を破壊して効果を発揮します。

熱破壊式レーザーの特徴

熱破壊式レーザーは、色素に集中する特性がありますので、色素の薄い毛には効果が十分に発揮されづらいとされています。
また日焼けをした褐色の皮膚やホクロの周囲に照射すると、火傷など皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。
なおこの熱破壊式レーザーは、強いレーザーを照射しているので、エネルギーが発射されるときには「輪ゴムで弾かれる」と表現される強い痛みを感じることがあります。

熱破壊式レーザーによる脱毛の効果

熱破壊式レーザーも永久脱毛が可能です。
熱破壊式レーザーは、毛根細胞という発毛組織を一瞬で破壊していますので、蓄熱式レーザーに比べて早期に脱毛を実感できるという特徴があります。

蓄熱式および熱破壊式レーザーを使った脱毛機器

では、次に蓄熱式および熱破壊式レーザーを使った脱毛機器をご紹介します。
なお今回はレーザーの照射法の違いを中心にご紹介していますが、照射するレーザーそのものにもいくつか種類があります。
一般的にレーザー脱毛で使用されているレーザーには、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザー(YAGレーザー)などです。

ジェントルレーズ(熱破壊式)

ジェントルレーズは、アレキサンドライトレーザーを使用する熱破壊式のレーザー脱毛機です。日本で最もポピュラーな脱毛機といっても過言ではありません。
一番の特徴は、レーザーを照射するときに窒素ガスを同時に噴射し、皮膚の表面をマイナス21度まで冷やすことです。照射と瞬時に冷やすことで、レーザーによって熱を持った皮膚を冷却できますので、痛みや皮膚のトラブルを最小限に留めることが可能になっています。

ライトシェア・デュエット(熱破壊式)

ライトシェアデュエットも、日本でとても人気がある脱毛機器です。
世界で初めてアメリカ食品医薬品局(FDA : Food Drug Administration)の認可を受けたレーザー式脱毛機でもあり、世界で一番使用されている脱毛機でもあります。
こちらは熱破壊式のレーザー機器で、ダイオードレーザーを使用しています。
ライトシェアデュエットには、2つのタイプの照射口があることが特徴です。
ひとつは、全身などの広い範囲の脱毛に適した照射口です。こちらは吸引機能がついており、レーザー照射と吸引を同時に行うことができます。同時に吸引することで、痛みを軽減することができます。
別の照射口には冷却機能がついています。冷却機能があるために、こちらも痛みや皮膚トラブルが軽減できます。この照射口は、狭い範囲の照射に適しています。
ライトシェアデュエットは、一台あるだけで効率よく体のさまざまな部位の脱毛が可能になるだけなく、皮膚トラブルを最小限にすることができ、かつ施術後早期から効果を実感することができる、理想的なレーザー脱毛機です。

メディオスターNext Pro (蓄熱式)

メディオスターNext Proは、蓄熱式の脱毛機器で、ダイオードレーザーを利用しています。
毛や皮膚の色に関係なく施術できることが、最大のメリットですが、施術時にジェルを塗布する必要がある難点もあります。

ソプラノアイスプラチナム (蓄熱式)

ソプラノアイスプラチナムも蓄熱式の脱毛機器で、3種類のレーザーを利用しています。
レーザーを使い分けることで、さまざまなタイプの皮膚や毛質に対応できますが、効果が実感できるまで少し時間がかかってしまいます。

【まとめ】蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛の効果と仕組みの違い

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛という、2つの出力タイプのレーザーの脱毛法についてご説明しました。
それぞれ特徴があり、利点や欠点があることをご理解いただけたのではないでしょうか?
ご自身の皮膚の状態に適した脱毛を受けることは、単に高い脱毛効果をえることだけでなく、美しい肌を長く維持するためにも重要です。
是非専門的な知識と確かな技術を持つ専門家が在籍する医療脱毛クリニックでご相談になり、適切な施術を受けることをお勧めします。

全身脱毛なら学生のうちがおすすめ!医療はあり?なし?

全身脱毛なら学生のうちがおすすめ!医療はあり?なし?

  • 全身脱毛コラム
更新日:2021年06月29日

「脱毛は若いうちにやっておいたほうがいい」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。または、子供には早めに脱毛をさせてあげたいとお考えのお母さまもいるはず。 ではなぜ、中学生や高校生、大学生といった学生のうちに...

詳しく見る

ほくろがあると脱毛はできない?ほくろ周囲の脱毛方法も解説

ほくろがあると脱毛はできない?ほくろ周囲の脱毛方法も解説

  • 脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

自分で意識はしていないのにできてしまうのがほくろ。 でもそのほくろがあると、脱毛ができなくなると聞いたことがあるかもしれません。 今回の記事では、ほくろがなぜできるのか、そしてできてしまったほくろの周囲を脱毛するための注...

詳しく見る