VIO脱毛はしない方がいいの?後悔しないためのポイントと失敗事例

美意識の高い女性を中心に人気を集めているVIO脱毛。
VIO脱毛をすると、見えないところや細部にまでお手入れが行き届いた印象があり、衛生上もたくさんのメリットがあります。しかし、VIO脱毛したことを後悔したり、VIO脱毛に失敗したと感じた方もゼロではありません。
では実際に、どのような点で失敗したと感じているのでしょうか。
VIO脱毛の失敗事例や後悔しないためのポイントを詳しく解説します。

そもそもVIO脱毛とは?

VIO脱毛とは、どの部位の脱毛を指すのでしょうか。
一般的にVIOのVラインはアンダーヘア、ビキニラインといわれる、デリケートゾーンの上部、または足の付け根周辺の部位を指します。Iラインは女性器の両側を指し、Oラインはヒップ全体ではなく肛門の周辺のみを指します。
これらの定義や範囲はクリニックやサロンによって異なるため、脱毛の前に念のため確認しましょう。
IラインとOラインのムダ毛を処理すると、生理時の経血や排泄物が毛に絡まることがなく雑菌が繁殖しずらくなるため、清潔な環境を保ちやすく不快なニオイやムレも軽減されます。自己処理が難しい部位だからこそ、脱毛することでその手間が不要になるのはうれしいですね。
また、Vラインに至っては無毛状態のハイジニーナのほか、逆三角形やシャープなスクエアなど、Vラインの形を選ぶことができます。水着をかっこよく着こなしたい、温泉によく行くからナチュラルに毛を残したい、ローライズやTバックのショーツからはみ出ないようにしたいなど、希望に合わせてデザインを選ぶことで、より満足度の高いVIO脱毛を実現できるでしょう。

しなきゃよかったと後悔したVIO脱毛の失敗事例

VIO脱毛は難しい自己処理の手間を省くだけでなく、女性のデリケートな部位を衛生的に保つのに優れた脱毛です。しかし、VIO脱毛をした方の中には、しなきゃよかったと後悔している方も少なからずいます。
では、どのような点で失敗だと感じているのでしょうか。
VIO脱毛の失敗事例をご紹介します。

人目が気になる

VIO脱毛をするとアンダーヘアがすっきりと整うため、温泉や銭湯で人目が気になるという声があります。
IラインとOラインは見えづらい部位であるため無毛でも問題ありませんが、ハイジニーナにした場合、ジロジロ見られたり視線が気になったりと落ち着かないという方もいます。
日本ではアンダーヘアを無毛にする習慣は定着しつつあるとはいえ、まだ日が浅く、年配の女性からの視線が痛いと感じることがあるようです。
また、VIO脱毛をしたことを家族だけでなく他人であっても知られたくない、見られたくないという場合も、気まずさを感じる機会があります。温泉という文化のある日本だからこそ感じるデメリットといえます。

Vラインのデザインに後悔

Vラインはハイジニーナをはじめ、ナチュラルなトライアングル、縦のラインがすっきりとしたスクエア、丸みを帯びた卵型などさまざまな形に整えることができます。ユニークなものでは、ハート型など希望の形にすることも可能です。
しかし、Vラインのデザインが奇抜すぎたり、思い描いたデザインと異なっていたりすると、毛をまた生えさせることで形を変えるということもできなくなるため、結果的に後悔したということもあります。ハイジニーナのように無毛にした後、やっぱり毛を残したいと思っても生えてきません。そのため、Vラインのデザインは慎重に検討する必要があります。
デザインや毛量はどうするか、どの程度毛を残すのかなど、カウンセリング時にしっかりスタッフに伝え、共通認識を持っておくことで、これらの失敗を回避することができるでしょう。

まばらに毛が生えてかっこ悪い

衛生面のメリットがたくさんあるため、無毛のハイジニーナを希望する女性は年々多くなっています。
もともと、ハイジニーナは衛生を指す英語から作られた言葉であり、快適かつ清潔に過ごせると海外のセレブやスポーツ選手からその人気が高まったとされています。
しかし、ハイジニーナでツルツルになるはずが、まばらに毛が生えてかっこ悪くなってしまったというケースがあります。
VIO脱毛といっても永久脱毛ではない場合は、数年経つとまた毛が生えてきてしまうのです。このようにまばらに生えてくると、生えかけの毛が下着に触れチクチクとしたかゆみや不快感が伴うこともあります。見た目も悪く生えかけの毛による不快感もあるため、VIO脱毛をしなきゃよかったと後悔する場合もあるようです。
このような失敗をしない方法はあるので、次の章でご紹介するポイントを必ずチェックしましょう。

黒ずみが目立つ

VIO脱毛をしたらムダ毛がなくなってきれいになったものの、今まで毛で覆われていたデリケートゾーンの黒ずみが露わになって目立つようになったと感じる方もいます。
デリケートゾーンの皮膚は他の部位より非常に薄く敏感であるため、下着による締め付けや摩擦、自己処理によるダメージなどの刺激によって黒ずみができやすいのです。
もともと、黒ずみは肌を守るための防衛反応であり、メラノサイトという細胞からメラニン色素が分泌されるために生じます。肌への刺激が多いほどメラニン色素が分泌されてしまうため、色素沈着が起こりやすく黒ずみとなってしまうのです。
自己処理の積み重ねなどあらゆる刺激から黒ずみができるため、脱毛したばかりのデリケートゾーンが露わになることで気になってしまう方もいます。

施術時の痛みに耐えられない

強力なレーザーを皮膚に照射することで脱毛するため、VIO脱毛の施術時には痛みを伴います。特にVIO付近の皮膚は非常に薄いうえ、色素の濃い太い毛を処理していくため、他の部位よりも痛みを強く感じることでしょう。
VIOや脇の毛は性毛とよばれ、思春期に分泌されるホルモンによって生え始めます。ホルモンの影響を強く受ける性毛は、髪の毛や眉毛、まつ毛など、生まれたときからある無性毛とは異なり、剛毛でゴワゴワしており太く濃いのが特徴です。そのために足や腕などよりも、VIOの毛はレーザーに強く反応するため、痛みを強く感じてしまうのです。
この痛みが苦痛となり、VIO脱毛を受けなければよかったと感じてしまう場合もあるようです。

パートナーに驚かれた

VIO脱毛でアンダーヘアが変化したことで、パートナーに驚かれたという方もいます。突然ツルツルになったことで、パートナーがひいてしまったり、よからぬ誤解を招いたりと、パートナーとの関係に影響を及ぼすことがあります。
脱毛に理解のある男性も増えてきたとはいえ、パートナーの年齢や価値観によって、VIO脱毛への考え方やVIO脱毛をした女性への印象は異なります。
VIO脱毛後、パートナーからの反応が芳しくなかった場合、VIO脱毛を後悔してしまう女性もいるようです。

VIO脱毛の前にチェック!後悔しないためのポイント

VIO脱毛を後悔しないですむよう、押さえておくべきポイントがいくつかあります。
せっかくまとまった費用を支払い、痛みをこらえて受けるからには「してよかった!」と思いたいもの。
VIO脱毛を始める前に確認すべきポイントをチェックしておきましょう。

ライフスタイルに合わせてデザインを決める

自分のライフスタイルに合わせてVラインのデザインを決めると、満足のいくVIO脱毛ができます。
例えば、温泉によく行く、銭湯を利用するのが好きという場合、ナチュラルに見えてVIO脱毛をしたことがわかりずらいデザインにしておくと、人目を気にせず思う存分楽しむことができるはずです。
タオルで隠し警戒しながらの入浴だと、心置きなく楽しめないもの。人目が気になるなら、毛量を減らした自然な形にしましょう。
反対に、海外によく行く、海外に長く滞在する予定のある方は、ハイジニーナがおすすめです。
海外ではアンダーヘアのお手入れをするのは当たり前である上、ハイジニーナはむしろ一般的です。サロンやクリニックでの脱毛やブラジリアンワックスなどで、若いうちからケアすることがエチケットになっています。
海外に行くと、「アンダーヘアをしっかりお手入れしておかなくては!」という気持ちにもなるかもしれません。
海外でVIO脱毛をするのも勇気がいることですし、自己処理によるトラブルで現地の病院にお世話になるのも避けたいもの。海外に行く機会が多い方は、スッキリと整えておくと安心です。
また、出産や介護など人生の大きな節目を考慮に入れてアンダーヘアを整えておく、もしくはデザインを検討すると、脱毛をしておいてよかったと感じることでしょう。

施術時の痛みや恥ずかしさをチェックしておく

VIO脱毛では、皮膚が薄く敏感な部位にレーザーを照射するため、ほかの部位の施術よりも痛みが強い傾向にあります。また、足を広げながらデリケートゾーンをスタッフに処理してもらうことになるため、恥ずかしさもあります。
これらの施術時の痛みや恥ずかしさに耐えられるのか、契約する前に確認できるならしておきましょう。
クリニックやサロンによって、初回のみの格安料金が設定されていたり、特別価格で試すことができたりと、さまざまなプランやキャンペーンを用意しているので試してみましょう。
とはいえ、痛みは回数を重ねるごとに少なくなっていきますし、恥ずかしさも最初だけですぐに馴れるという経験者の声が多数です。また、医療脱毛は痛みが強いといわれていますが、医療機関だからこそ、麻酔を使用することができます。
どうしても耐えられない場合は、笑気ガスやクリーム状の麻酔をリクエストできるので安心して受けることができるでしょう。

正しい自己処理で黒ずみを抑える

Vラインのムダ毛がなくなると、露わになった皮膚の黒ずみが目立ってしまいます。
ハイジニーナやVラインのムダ毛を少しだけ残すようなデザインに決めた場合は、早い段階から黒ずみを抑えるケアにとりかかりましょう。
VIO脱毛の施術前には自己処理をする必要がありますが、このときも肌へのダメージが少ない正しい方法で処理をすることが大切です。また、デリケートゾーンの保湿をすることで乾燥から肌を守り、皮膚の回復を促すことで黒ずみを軽減することができます。
毎日の入浴後、自己処理後などにデリケートゾーン専用のオイルやクリーム、ローションなどでケアをしてみましょう。
これらの黒ずみケアはもちろん必要ですが、VIO脱毛をして毛量が少なくなり毛質が変わってくると、自己処理の頻度も少なくなっていくため、黒ずみが自然に薄くなることがあります。まずはデリケートゾーンの乾燥を防ぎ、肌のターンオーバーを促すよう規則正しい生活を心がけましょう。

パートナーに相談しておく

VIO脱毛をする前に、パートナーに相談しておきましょう。
Vラインの形やハイジニーナに対する意見も参考にすると、気まずくなることもないはずです。とくに、ハイジニーナは衛生的である反面、子供に逆戻りしたような見た目だと感じる男性もいます。Vラインのデザインは、男性の意見も取り入れるのもよいでしょう。
VIO脱毛は衛生面でのメリットが大きく、面倒な自己処理がなくなるなど、自分自身への丁寧なお手入れです。
VIO脱毛をしたい理由も併せてパートナーに説明しておくと、より理解してもらえることでしょう。医療脱毛でVIO脱毛をすると毛が生えてこなくなるため、パートナーの意見を尊重しつつ慎重に形を選ぶことが大切です。

永久脱毛にするなら医療脱毛を選ぶ

きれいなハイジニーナにしたい、Vラインのデザインをキープしたい場合は、クリニックなど医療機関で受ける医療脱毛でVIO脱毛をしましょう。
医療脱毛であれば、発毛をつかさどる毛母細胞などを破壊することで脱毛をするため、半永久的に毛が生えてきません。しかし、サロンなどで行うエステ脱毛の場合は、発毛組織を破壊するほどの威力を持ったレーザーを照射するわけでないため、ダメージを与えるにすぎません。エステ脱毛は永久脱毛ではなく、減毛や除毛であるため、数年経つとまた毛が生えてきてしまうのです。
きれいなハイジニーナにしたい場合、毛が生えてデザインが崩れないようにしたい場合は、医療脱毛でVIO脱毛を受けるようにしましょう。

VIO脱毛で失敗しないために

女性の関心を集め、満足度も高いVIO脱毛ですが、なかにはVIO脱毛をして後悔した方もいます。
VIO脱毛に失敗したと後悔しないためにできることもあるので、今回ご紹介したポイントを押さえてからVIO脱毛を始めましょう。

部分脱毛と全身脱毛はどっちがおすすめ?【コスパ・仕上がりetc】

部分脱毛と全身脱毛はどっちがおすすめ?【コスパ・仕上がりetc】

  • 全身脱毛コラム
更新日:2021年06月04日

部分脱毛と全身脱毛では、どちらがおすすめなのでしょうか。 それぞれメリット、デメリットがあり、どんなことを大切にしたいのか、その優先順位によってもその人に合った脱毛は異なります。 今回はコスパや仕上がり、脱毛にかかる時間...

詳しく見る