顔脱毛は何回通うのがベスト?平均的な回数・期間・頻度について

顔脱毛を終わらせて早くツルツルのキレイな肌になりたい方にとって、いつ脱毛が終わるのか、どのくらいの頻度で通う必要があるのかなど、気になることがたくさんありますね。
この記事では顔脱毛に必要な施術回数や期間、頻度のほかに、顔脱毛を早く終わらせるために心がけるとよいポイントについてご紹介します。

顔脱毛に必要な回数・期間・頻度は?

顔脱毛は1回施術をするだけで完了するわけではありません。また、クリニックで受ける医療脱毛とエステやサロンで受けるエステ脱毛では、その回数や期間、頻度も異なります。
医療脱毛の場合とエステ脱毛の場合を比較しながら、顔脱毛に必要な回数や期間、頻度について詳しくご紹介します。

顔脱毛に必要な回数は?

医療脱毛による顔脱毛であれば、半永久的にムダ毛が生えてこない状態にすることができます。
医療脱毛では個人差はありますが、3回から5回程度施術を受けることで、脱毛効果を感じられるようになります。さらに5回から8回程度施術すると、自己処理が楽になってほとんど必要なくなります。8回から10回受けることで、肌触りのよいツルツルな状態になるでしょう。
ではサロンやエステで受けられるエステ脱毛ではどうでしょうか。
エステ脱毛で使われる脱毛機は医療脱毛の機械に比べてパワーが弱く、レーザーではなく光を使用するケースがほとんどです。発毛組織のある毛根にダメージを与え、毛が生えるペースを遅らせたり抑えたりすることができますが、永久脱毛ではなく抑毛や減毛の効果程度と言われています。
エステ脱毛で脱毛効果を感じられるのが6回から12回、自己処理が楽になるのは15回から18回が目安でしょう。エステ脱毛の場合は医療脱毛のように永久脱毛できるわけではないので、しばらくするとまた毛が生えてきます。そのため、回数無制限のプランもあります。
ムダ毛が生えてこない状態にしたい場合は医療脱毛を選ぶとよいでしょう。

顔脱毛に必要な期間は?

顔脱毛に必要な期間は、顔の産毛の毛周期を考慮に入れることが大切です。
毛周期とは毛が生えて抜け落ちるサイクルのことで、成長期、退行期、休止期を繰り返します。脱毛では成長期にあるムダ毛にレーザーを照射する必要があるため、2ヶ月から3ヶ月ごとに訪れる成長期を狙って施術をします。
ただし、毛周期は部位によって異なります。顔は1ヶ月から2ヶ月で成長期を迎えるため、最短で1ヶ月ごとに施術を受けることができます。毛周期を考慮すると、顔の医療脱毛の場合は1年から1年半で脱毛が完了します。エステ脱毛の場合は2年から3年かかるという計算になります。

顔脱毛に通う頻度は?

毛周期に合わせてクリニックやサロンに通うようになるため、予約状況などによりますが、最短で1ヶ月ごとに施術を受けることになります。
ただし、これは日焼けや肌荒れなどの症状がなく、無事に施術を受けられる場合に限ります。毛質や肌質も個人差があるほか、肌の状態が悪い場合は施術を見送ることもあります。
エステ脱毛で採用されている脱毛機によっては、2週間に1度の頻度で脱毛することもできます。導入している脱毛機によってもその特徴や施術の頻度は異なるため、担当スタッフに確認してみましょう。
早く脱毛を終わらせたいからといって短い間隔で脱毛しても効果が得られず、回数だけ重ねることになってしまいます。毛周期や使われている脱毛機の特徴に合わせて施術を受けることが大切です。

顔脱毛を早く終わらせるためにできることは?

結婚式やイベントなどで、顔脱毛を早く終わらせたいという方もいるかもしれませんね。次にご紹介するポイントを押さえてクリニックを選んだり、施術日に備えたりすることで、予定通りに満足のいく顔脱毛を実現することができます。
顔脱毛を始める前にチェックしておきましょう。

産毛に効果のある脱毛機が導入されているクリニックを選ぶ

顔のムダ毛はほかの部位とは異なり、産毛がびっしりと生えています。脱毛機は毛根のメラニン色素にレーザーを反応させることで、発毛組織を破壊します。しかし、産毛はメラニン色素が薄いため、レーザーを照射してもエネルギーを十分に発生させることができず、脱毛効果を得にくいのです。
そのため、産毛にも適したレーザーが搭載された脱毛機である必要があります。
レーザーにはさまざまな種類があり、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーなどが主に日本の医療機関で使われています。
またレーザーによって波長の長さが異なり、特徴にも違いがあります。なかでも波長の長さが中間にあるダイオードレーザーは、剛毛だけでなく産毛にも効果が高いとされ、毛質に合わせて調整することができるため、顔脱毛の効果も得やすいでしょう。
また、痛みが少ないレーザーであるため、皮膚へのダメージを抑えることができます。そのため、敏感肌やアトピーなどデリケートな肌質でも医療脱毛を受けることができます。
顔の産毛は脇やVIO、足などに生えているムダ毛とは特徴が異なります。産毛に効果のないレーザーをいくら照射しても脱毛できないばかりか、硬毛化とよばれるムダ毛が濃く太くなる症状を招くリスクを高める恐れもあります。クリニックを選ぶ際には、産毛にも効果のある脱毛機が導入されているのか、確認するようにしましょう。

脱毛範囲の広いクリニックを選ぶ

顔脱毛で脱毛できる範囲はクリニックによって異なります。一般的に照射範囲に含まれるのは、額や頬、あご、小鼻です。しかし、もみあげや眉間、眉下、鼻下、生え際などは照射範囲から除外される場合もあります。
脱毛をしたい部位が照射範囲に含まれているのか、プランにあるのかなど確認してから、契約するようにしましょう。顔脱毛が終わってから新たに照射部位を追加するとそれだけ脱毛回数が増え、費用もかさんでしまいます。できるだけ照射範囲の広いクリニックを選ぶことをおすすめします。

日焼けに注意する

脱毛が完了するまで、紫外線に当たらないよう注意する必要があります。特に施術の前後は、日焼けしないよう細心の注意を払ったほうがいいでしょう。
脱毛前に日焼けをしてしまうと、皮膚のメラニン色素が増えているため、レーザーによる熱が皮膚にまで伝わりやすくなり、火傷(やけど)のリスクが高まります。そのため、日焼けで黒くなると施術自体が受けられないこともあり、それだけ脱毛完了まで時間がかかってしまいます。
また、施術が受けられたとしても、肌が黒いために施術による痛みを感じやすくなります。そこで、レーザーの出力を下げると脱毛の効果を得にくくなり、施術回数を増やすことにもなりかねません。
脱毛後に日焼けをすると、レーザーによるダメージに紫外線によるダメージをプラスしてしまい、思わぬ肌トラブルにつながる恐れがあります。かゆみや赤みに収まらず、炎症や腫れ、色素沈着、火傷などが生じると、医療的処置が必要になる場合があります。そればかりか、皮膚の回復が遅くなり予定通りに脱毛を終わらせるのが難しくなります。
少しでも早くツルツルで美しい肌を手に入れるためには、脱毛が完了するまで紫外線対策を万全にすることが近道といえます。

自己処理を正しく行う

施術前には自己処理をする必要があります。このとき、できるだけ肌に負担をかけないようにすることが大切です。
自己処理の際にはカミソリや毛抜きを使わず、電動シェーバーでやさしく丁寧にムダ毛を処理していきましょう。
カミソリを使うと、肌の表面に細かな傷をたくさんつけてしまったり、角質層まで削ぎ落したりするため、脱毛前の処理としては不向きです。毛抜きやワックスなどでの処理は、毛根から根こそぎ抜いてしまうため、レーザーを照射する標的を失ってしまい脱毛効果を得られません。また、毛根を抜くと毛周期も乱れてしまいます。
毛根を残し、皮膚の表面にでているムダ毛のみを処理するようにして、正しい自己処理で肌への負担を最小限にとどめるようにしましょう。

肌のコンディションを整える

施術日が近づいてきたら、肌のコンディションを整えておきましょう。施術前に炎症やニキビなどの肌荒れがあると、程度によっては施術ができない恐れもあります。または施術ができても、出力を弱めて照射することになるため、1回あたりの効果が薄れてしまいかねません。
肌荒れや乾燥がひどい状態というのは、皮膚のバリア機能が低下している証拠。皮膚内のうるおいを守る機能とホコリや紫外線、ウイルスなどの外部刺激から肌を守る機能が衰えています。
このように皮膚のバリア機能がうまく働かない状態でレーザー照射をすると、通常よりもダメージを強く受けてしまい、さらに乾燥や肌荒れが悪化してしまいます。皮膚の水分量が多くなればバリア機能は回復するため、いつもよりも化粧水を多めに使用し、うるおいを補うようにします。
化粧水を手に取って少し温めてから手のひら全体で押し当て、両手で顔全体を覆います。数秒この状態をキープすることで両手でパックします。または、コットンに化粧水を含ませたものや専用のシートマスクでパックすることで、水分を浸透させましょう。その後、油分を含んだクリームやローション、オイルなどで肌に膜を張り、水分の蒸発を防ぎます。こうすることで、施術によるダメージからも早く回復することができるでしょう。
施術前はとくに睡眠をしっかりとり、バランスのいい食事をとることで、レーザーによるダメージにも負けない強い肌にしておくことも大切です。
脱毛によるダメージを抑えることができれば、肌の回復も早く次の施術も問題なく受けることができます。早く脱毛を完了をさせるためにも肌の調子を整え、予定通りに施術が受けられるようにしておきましょう。

きれいな素顔を早く手に入れるために

顔の産毛をなくすだけでなく、毛穴を引き締めたり肌のトーンを明るくしたりとメリットの多い顔脱毛。顔の皮膚はほかの部位よりも薄くデリケートだからこそ、負担の少ない効果的な脱毛法を選びたいもの。
医療脱毛で顔脱毛をスムーズに完了させるためには、身体をいたわった生活をする必要もあります。肌にやさしいケアを心がけ、滞りなく施術ができるようにしましょう。

顔脱毛はどこまで照射ができる?照射可能・照射不可の範囲を紹介

顔脱毛はどこまで照射ができる?照射可能・照射不可の範囲を紹介

  • 顔脱毛コラム
更新日:2021年06月16日

脱毛というと、脇や腕、脚の脱毛を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。 しかし、日頃ムダ毛処理をする頻度の高いパーツとしては、顔が上位に入るのではないでしょうか。人の目が集中する箇所であるうえ、メイクの時やお手洗いに行っ...

詳しく見る