恥ずかしくない!VIO脱毛(Iライン脱毛)で濡れてしまう話

VIO脱毛はデリケートゾーンを脱毛するため、最も恥ずかしく感じてしまう部位です。さらに、恥ずかしいハプニングも起きてしまいがちな場所であるため、なかなか脱毛に踏み切れないという方も多いはず。
今回は、施術中に濡れてしまったら…など、VIO脱毛でありがちな恥ずかしいハプニングやその原因と対策についてご紹介します。なかなか他人に聞きづらいことでもあるので、この記事で不安を解消してしまいましょう。

VIO脱毛とは?くすぐったい?それとも痛い?

恥ずかしいエピソードや不安を伴う情報が飛び交いがちなVIO脱毛。実際、VIO脱毛とはどのようなものなのでしょうか。
まずはVIO脱毛では具体的にどの部位をどのように脱毛していくのか、どのような刺激を受けやすいのかを事前に確認しておきましょう。

VIO脱毛とは

VIO脱毛では、Vラインとよばれるビキニラインと、Iラインとよばれる女性器の両側、Oラインとよばれる肛門周りを脱毛します。
医療脱毛では強力なレーザーを照射することで脱毛するため、レーザーによる痛みをやわらげるために照射する部位にジェルを塗布します。その後、脱毛機器のヘッド部分(照射口)を脱毛部位に近づけて、Vライン、Iライン、Oラインの順にレーザーを照射していきます。
デリケートゾーンのムダ毛は性毛とよばれ、頭髪や腕などの毛とは異なり色素が濃く太いため、ほかの部位と比べて照射時の痛みが強い傾向があります。また照射時は四つん這いや開脚など、恥ずかしい体勢を取りながら痛みに耐えることになるため、VIO脱毛に二の足を踏んでしまう方もいるかもしれません。
しかし、施術の際は紙ショーツやタオルをずらしながら少しずつ照射するので、施術回数を重ねることで馴れてくる方が大半です。

VIO脱毛ではどんな刺激を受けやすいのか

VIO脱毛では照射時の痛みという刺激のほかに、ジェルを塗布する際のヒヤッとした刺激もあります。ジェルを塗ったり、照射後に拭ったりされる時に、人によってはくすぐったい、気持ちいいといった感覚もあるかもしれません。
脱毛前に剃り残しがあるとシェービングをしてもらうことがあり、剃毛する際の刺激は痛みよりも、くすぐったいという感覚のほうが勝るため、濡れてしまうことがあるかもしれません。
また、IラインやOラインは複雑な形状であるために施術者が照射しやすくするために、女性器周辺や肛門周辺の皮膚を引っ張ったり押さえたりする際に、くすぐったいと感じるかもしれません。
このように、VIO脱毛では照射による強い痛みのほかに、軽い痛みやくすぐったさ、冷たさなどの刺激を受けることで生理的に反応し、濡れてしまうことがあるといえます。

VIO脱毛で濡れてしまう理由

VIO脱毛ではあらゆる刺激を受けることになります。その結果、身体がこれらの刺激に反応して、濡れてしまうこともあるでしょう。
濡れてしまう理由は、ひとつではありません。ここでは、脱毛中に濡れてしまう理由についてご紹介します。

ホルモンバランスの影響で濡れる

女性はホルモンバランスが変化することで、排卵と月経を迎えます。この月経周期と連動するように、おりものの量や質が変わるため、おりものの量が増加する期間の施術はできれば避けるのがおすすめです。
では、いつおりものの量が増えるのでしょうか。
月経が終わるとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が盛んになり、7日ほど経過する頃に排卵が起こります。この月経が終わってから排卵が起きるまでの期間は、おりものの量が増えていきます。
そして、排卵期に入るとおりものの量がピークとなるため、人によってはショーツが濡れておりものシートが手放せないほど分泌されることもあります。
通常、さらさらとした白っぽい液体だったおりものが、排卵期には透明で粘り気のあるゼリー状のおりものに変わります。排卵が終わるとおりものの量は減っていき、粘り気のない白濁したおりものへと変化していきます。
このように月経周期に合わせて、おりものの量と質は変化します。月経後から排卵期にかけてはおりものの分泌が多いため「濡れるのが心配!」という方はVIO脱毛の施術は避けたほうがよいでしょう。

刺激によって濡れる

触るなどの外部刺激がデリケートゾーンに加わると、膣分泌液が分泌されるため濡れることがあります。
これは刺激によって「女性器に危険が迫っている、守らなければ!」と脳から指令が出るために、膣分泌液が分泌されるのです。そのため、ジェルを塗布する際や照射のために女性器周辺の皮膚を押したり伸ばしたりする際には、これらの刺激を危険と察知し濡れやすくなってしまうことがあります。
これは生理的な現象であり、身体を守るための作用ですので必要以上に恥ずかしく感じることはないでしょう。

発汗によって濡れる

デリケートゾーンの形状は熱がこもりやすく蒸れやすいので、汗をかきやすい部位でもあります。デリケートゾーンを他人に見られるという緊張から、余計に汗をかいてしまうこともあるでしょう。暑がりで汗をかきやすい、緊張するとすぐに汗をかいてしまうなど汗をかきやすい方は、濡れていると勘違いしてしまうこともあるかもしれません。
防衛反応や自浄作用などの生理的現象によって濡れてしまうことは、施術者も熟知しています。必ずしも性的に興奮しているからというわけではないので、必要以上に気にしなくてもよさそうですね。

これで安心!濡れないためにできること

おりものなどで濡れてしまうのは、生理現象であり恥ずかしく感じる必要のないものです。また、分泌を止めようと思っても止められないもの。しかし、濡れないためにできることもあります。
この章では、少しでも濡れないようにするための工夫や対策をご紹介します。

おりものが出やすい時期を避けて予約する

おりものは、生理が終わってから排卵にかけて分泌が活発になります。おりものが多くなる時期を避けるように脱毛の予約をしましょう。排卵期と月経期間をはずすことで、濡れるかもと不安に感じることもないうえ、おりものによる臭いも抑えやすくなります。
日頃から基礎体温を測ったり、専用のアプリを使ったりなどして、排卵期を把握することが大切です。自分の月経周期を知っておくことで、予定も立てやすくなるでしょう。

脱毛から意識を逸らす

濡れるかもしれない、臭いが気になるなどの心配事を意識しすぎないことも大切です。これらの不安に集中しすぎると、逆に濡れてしまったり身体が余計に反応したりするもの。
脱毛中はデリケートゾーンの心配ではなく、仕事のことや週末の予定など全く関連のないことを考えてみましょう。脱毛から意識を逸らすことで、思いのほか施術時間が過ぎるのを早く感じ「気づいたら終わってた!」という体験をした方も多いものです。

施術者と打ち解ける

施術者と打ち解け、会話を楽しむこともおすすめです。
脱毛のことや他愛のないおしゃべりに集中することで、施術中も楽しく過ごすことができます。
また、会話の中で濡れるのが恥ずかしいといった不安を打ち明けてしまうのも大変有効です。不安は脳の中の扁桃体という領域が興奮することで生じる感情だといわれています。扁桃体の興奮状態である不安は、書いたり口に出したりという言語情報にすることで抑えられるということが、脳科学の研究で明らかになってきました。そのため、不安を口にすることで精神的に落ち着いていくのです。
また、施術者は緊張状態にある患者のことを理解しているため、共感してくれるでしょう。不安な気持ちを共感してもらうことができれば、さらに心は落ち着いてくるはずです。

施術者が意識していないことを思い出す

施術者は数多くの施術をしているうえ、施術者自身も研修などで同僚に脱毛してもらっています。そのため、施術される側の不安や恥ずかしい気持ちも十分理解しています。
また、施術者は患者の毛質の状態やレーザーの出力、照射のスピードなど、よりよく脱毛ができるように集中しています。レーザーの出力は適切かどうか、すばやく照射できているか、できるだけ痛みが少ないように、照射漏れがないようにと患者の負担を軽くし、仕上がりのよい脱毛をしようと注意を払っているため、その他のことを気にしていません。
このように施術者の立場を想像することで、デリケートゾーンにまつわる不安は薄れていくことでしょう。

体調を整えておく

おりものは女性の身体を守るために、子宮頸部や子宮内膜、膣から分泌される酸性の分泌物です。子宮のうるおいを保つことで粘膜が傷つくのを防いだり、雑菌が侵入するのを阻害したり、膣内部の汚れや不要物を体外に排出したりする重要な役目があります。そのため、体調を崩し免疫力が低下したり、卵巣機能が低下したりすると、体内の不要物や細菌を排出しようとして、おりものの分泌量が増えることがあります。
また、おりものの臭いがきつくなったり状態が変わったりと、通常と異なることがあります。デリケートゾーンの臭いが気になる、濡れてしまうのが不安ということであれば、施術日に向けて体調を整えておくことで予防することができます。

ジェルを使うクリニックを選ぶ

どうしても濡れてしまいそう、濡れているのが気になるということであれば、ジェルを使用するクリニックを選びましょう。
ジェルを塗布してしまえば、濡れているのかジェルなのか見分けがほとんどつきません。ジェルがあることで濡れても気づかれない!と安心することができるので、施術中の精神的な負担は軽減できるでしょう。

不安を解消!VIO脱毛にまつわる心配事

VIO脱毛ではデリケートゾーンを施術するからこそ、濡れること以外にも不安になることがたくさんあるはず。VIO脱毛でよくある心配事についても、チェックしておきましょう。

施術中にトイレに行きたくなったら

トイレに行きたくなってもほかの部位の施術なら行きやすいものの、VIO脱毛中に行くのは気が引けるという方も多いのではないでしょうか。VIO脱毛の照射時間は約30分とはいえ、ジェルの冷たさでトイレに行きたくなるということもあり得ます。この場合は、施術者に告げてトイレに行きましょう。
トイレに行った後はウォシュレットを使用したり、デリケートゾーン用のウエットシートを持参して拭いたりするとよいでしょう。トイレに行った後の照射について不安がある場合は、事前にクリニックに相談しておくのもおすすめです。

施術中におならがでてしまうかも…

肛門周りのOラインの施術中に、おならが出そうになったら焦ってしまいそうですね。この場合は施術日が近づいてきたら、おならを抑える生活習慣を心がけるとよいでしょう。
おならの7〜9割は、食事と一緒に口から飲み込んだ空気といわれています。食事中に空気を飲み込まないよう、ゆっくり噛んで食事をすることが大切です。よく噛むと唾液が多く分泌され、空気を吸い込むことなく食事を飲み込むことができます。
また、よく噛むと胃での消化がスムーズになることで、腸で食べ物が腐敗することがなくなります。十分咀嚼することで、おならの量も臭いも抑えることができるのです。
このほかにも、肉類やにんにくなどの消化の悪い食べ物や刺激の強い食べ物、炭酸水の摂取を控え、睡眠を十分にとることでもおならを抑えることができます。施術の30分間、おならを催さないよう体調を整えておきましょう。

デリケートゾーンの臭いが気になる

デリケートゾーンの臭いに不安があると照射の際、施術者に不快な思いをさせるのではないかと不安になるものです。
デリケートゾーンの臭いの原因は、雑菌が繁殖することで生じるものだといわれています。デリケートゾーンは常時下着に覆われているため、体温の熱がこもりやすく、蒸れやすいところ。さらにアンダーヘアが生えていると雑菌が付着しやすく、繁殖しやすくなるのです。
膣から分泌されるおりものは酸性であるため、通常酸っぱい臭いのするものですが、体調や食べたものによって生臭く感じることもあります。
デリケートゾーンの臭いが気になるなら、施術の直前にシャワーを浴びて清潔にしておきましょう。このとき、臭いが気になるからと強く洗うのは避けましょう。スポンジやナイロンタオルで擦ることで肌に傷をつけてしまうと、照射が受けられないこともあります。また、ボディソープなどを使って強く洗いすぎると膣内の常在菌まで洗い流してしまうので、泡のみでやさしく洗うようにしましょう。仕事帰りなどでシャワーが浴びれない場合は、デリケートゾーン用のウェットシートでふき取るのもおすすめです。
下着は通気性の良い綿やシルクなどの天然素材のものを着用することで、デリケートゾーンの蒸れを緩和し、汗もかきにくくなります。

施術の刺激で尿が出てしまうかも…

照射の刺激で思わず尿が出てしまうかもしれないと心配になる方もいるかもしれません。しかし、これも生理現象であるため必要以上に気にすることはありません。施術前にトイレを済ませておく、水分の摂取を控えるなどして事前に準備しておきましょう。

濡れても恥ずかしくない!

おりものや膣分泌液が分泌されることは、女性の身体を守ったり衛生環境を良くしたりするために重要なことです。十分に分泌されるのは、免疫力もあり健康である証拠でもあります。
「VIO脱毛中に濡れてしまうのでは」と必要以上に恐れるのではなく、脱毛後のきれいなデリケートゾーンに意識を向けて施術に臨んでみてはいかがでしょうか。

全身脱毛の6つのメリットと知っておきたい6つのデメリットや注意点

全身脱毛の6つのメリットと知っておきたい6つのデメリットや注意点

  • 全身脱毛コラム
更新日:2021年07月08日

ムダ毛を処理するたびに「このムダ毛、生えてこなければいいのに」と思ったことのある方もいるかもしれませんね。 そんな方におすすめなのが、ムダ毛が生えてこなくなる唯一の手段である医療の全身脱毛です。 全身脱毛にはメリットがた...

詳しく見る

医療脱毛が痛い理由と痛みを感じるメカニズム

医療脱毛が痛い理由と痛みを感じるメカニズム

  • 医療レーザー脱毛の痛みとリスク
更新日:2021年06月22日

医療脱毛は「効果があるけれど痛い」と聞いたことがあるかもしれません。 実際のところは、みんな同じように痛みを感じるのでしょうか? 体のどの部位の脱毛をしても、同じように痛むのでしょうか? この記事では、医療脱毛で痛みを感...

詳しく見る