顔脱毛は医療がおすすめの理由とメリットとデメリット

ムダ毛処理の中で、お手入れの頻度が高いと感じるのが顔のムダ毛処理ではないでしょうか。
鼻の下や目の周りなどのムダ毛は目につきやすいため、しょっちゅうお手入れをしている方も多いことでしょう。しかし、顔は身体のパーツの中でもとくに薄くデリケートな皮膚で覆われています。そのため、カミソリなどで自己処理すると肌トラブルを招きやすい部位なのです。
そして、肌トラブルを避けたい部位だからこそ、おすすめしたいのが顔脱毛です。なかでも医療脱毛による顔脱毛はたくさんのメリットがあります。
今回は、顔脱毛は医療がおすすめである理由と、そのメリットやデメリットについて解説します。

顔脱毛するとどんな効果がある?

そもそも顔脱毛にはどのような効果があるのでしょうか。
顔脱毛には、顔の産毛やひげを取り除く以外にもさまざまな効果が期待できます。脱毛以外のうれしい効果についてご紹介します。

ニキビなどの肌荒れが少なくなる

顔脱毛をすると自己処理による肌ダメージがなくなるため、ニキビなどの肌荒れのリスクが少なくなります。
自己処理というと、カミソリや電動シェーバーを使っている方が多いかもしれませんね。しかし、顔の皮膚はほかの部位よりも薄く、外部刺激に非常に弱く敏感です。皮膚には凹凸もあるので、カミソリで剃毛すると毛だけではなく角質層まで削ってしまうこともあり、肌のバリア機能まで傷つけ、肌の水分が蒸発しやすく外部刺激を受けやすい状態にしてしまいます。こういった自己処理を繰り返すことで、肌荒れを起こしやすい敏感な肌にしてしまうリスクがあるのです。
このほかにも肌へのダメージが蓄積されると、シワや黒ずみにつながることもあります。
この点、顔脱毛をすれば定期的な自己処理が不要になるため、肌を傷つけることがなくなります。結果、ニキビや乾燥などの肌荒れが起きにくくなるのです。

毛穴や黒ずみが目立ちにくくなる

顔脱毛でムダ毛を除去することで、毛穴や黒ずみが目立ちにくくなります。
これは、脱毛によって毛が抜けたために、今まで毛が生えていた毛穴が閉じていくことによって、毛穴そのものが引き締まり目立ちにくくなるのです。
毛が生えていると、どうしても毛穴は開いた状態になり、くぼみなどができます。そのために、くぼみが影を作ることで毛穴そのものが目立つうえ、毛によってできたくぼみにホコリやメイクの汚れなどがたまり、黒ずみができやすくなるのです。
しかし、毛がなくなり毛穴そのものが閉じることで、皮膚の凸凹も薄くなり、汚れもたまりにくくなるのです。
気になる毛穴といえば、鼻のぶつぶつとした黒ずみや開いた毛穴かもしれませんね。イチゴ鼻のように、黒ずみが目立ちやすくケアをしてもなかなかキレイにならないという悩みを持っている方も多いことでしょう。クリニックやサロンによっては鼻の脱毛も顔脱毛に含まれているので、毛穴も目立たなくしてくれる顔脱毛は女性の味方といえるでしょう。

化粧のノリがよくなる

顔全体に生えている無数の毛は、ファンデーションやメイク下地が肌と密着するのを邪魔して隙間を作り、メイクのよれや化粧崩れを招いていました。しかし、顔脱毛で顔全体の毛がなくなると、メイクがしっかり肌に密着するので化粧ノリがよくなり、軽く塗っただけでも肌が均一にカバーされ、ナチュラルメイクにも挑戦しやすくなるでしょう。
あれやこれやと化粧品を塗りたくらなくても、しっかりカバーすることができるため、メイクの厚塗りも必要なくなります。そのため、時間が経ってもヨレやムラができにくく化粧崩れを起さなくなるため、化粧直しの手間もなくなるでしょう。
これらは女性にとって、大きなメリットですね。

肌のトーンが明るくなる

顔に生えているムダ毛はメラニン色素も薄く細いため、よく見えにくいもの。しかし、無数に生えたムダ毛によって、顔全体はうっすら黒いベールをまとった状態になりくすんだ印象を与えているのです。そのため、顔全体を脱毛すると毛によって覆われたベールを脱いだように、肌のトーンが明るくなるのです。
また、顔のムダ毛がなくなったことで、基礎化粧品の浸透がアップします。今までムダ毛によって妨げられていた化粧品の成分が、肌に密着し浸透しやすくなるのです。そのため、化粧品の効果が肌に伝わりやすくなるため、肌の状態もよくなりさらに肌質が改善されたように感じることでしょう。
今まで自己処理によって肌がダメージを受け、色素沈着を起こし黒ずみやシミなどができやすい状態であったかもしれません。しかし、顔脱毛によって自己処理をする必要がなくなり、肌のトーンをくすませることがなくなるため、肌を明るくキープすることにもつながるでしょう。

顔脱毛なら医療がおすすめ!その理由とメリットとは?

顔脱毛にはたくさんのメリットがあることがお分かりいただけたでしょう。
その顔脱毛をさらに効果的なものにするには、医療脱毛による顔脱毛がおすすめです。自己処理やエステ脱毛による顔脱毛との違いを交え、医療脱毛による顔脱毛をおすすめする理由と医療脱毛のメリットをご紹介します。

医療脱毛は永久脱毛である

顔脱毛に医療脱毛をおすすめする大きな理由が、永久脱毛であるという点です。
医療脱毛は、強力な医療用レーザー脱毛機を使いレーザーを照射することで、発毛組織である毛根に熱を与え破壊します。こうすることで半永久的にその毛根から発毛しないようにできるために、医療脱毛は永久脱毛が可能なのです。
永久脱毛であれば毛が生えてくることがないため、毛穴が目立たない状態を維持でき、自己処理による肌へのダメージをなくすこともできます。これほどのパワーを発揮する医療レーザー脱毛機は医療機器にあたるため、医師や看護師などの国家資格を持った者しか扱うことが出来ません。
このように医療脱毛は医師の指導のもと、効果や安全性が認められた医療機器を用いて行う永久脱毛なのです。

エステ脱毛との比較

エステ脱毛ではどうでしょうか。
エステやサロンでの脱毛施術は、レーザーよりもパワーの弱い光を照射することで、毛根にダメージを与えます。ダメージを与えることはできますが、破壊するわけではないため、時間が経つとまた毛が生えてきます。
エステ脱毛の場合は永久脱毛ではなく、減毛や除毛の効果があるということです。そのため、また毛が生えてくるため、自己処理が必要になるでしょう。また、エステ脱毛で使用する脱毛機は医療機器ではないため、資格がなくても扱うことができます。

施術に必要な期間や回数が少ない

医療脱毛の施術回数は、産毛の量や肌の色素量によって違いはありますが、5回から8回程度で完了します。照射のペースは目安として2ヶ月に1回となるため、1〜2年以内にしっかりとした効果を実感いただけるでしょう。
医療脱毛の場合、レーザーの出力が強いため、施術回数はエステ脱毛と比べて少なく、施術に必要な期間も短期で済みます。
忙しくてなかなか時間が取れない方、つるつるの肌を早く手に入れたい方にとっては、医療脱毛のほうが満足度が高いといえます。

エステ脱毛との比較

エステ脱毛の場合、満足する結果を得るためには目安として16回から24回程度サロンに通うことで、自己処理がほとんど必要ない状態になります。さらに産毛までキレイにつるつるにしたい場合は、24回から30回、もしくはそれ以上施術を受ける必要があるでしょう。
顔には産毛が多いため、理想とする状態まで脱毛するにはかなりの回数を要するでしょう。
エステ脱毛で使用する脱毛機によって違いがありますが、おおよそ2ヶ月ほどあけてから次の施術を受けるようになるため、最低でも2年以上はサロンに通うことになるでしょう。

自己処理との比較

自己処理の場合は、定期的なお手入れが必要になります。
肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーは一般的に28日であるため、約1ヶ月に1回の剃毛が理想とされています。そのため月に1度の剃毛を継続する必要があります。
カミソリでのお手入れは肌へのダメージが大きいため、美しい肌を保ちたい場合は頻繁な剃毛は逆効果となりやすいでしょう。正しい方法で剃毛しない場合、色素沈着や炎症、シミなどのトラブルを招きやすいため、細心の注意を払いながら自己処理することが大切です。
自己処理の場合は、定期的な時間と手間がかかるため、ムダ毛の処理を煩わしく感じてしまうでしょう。

美肌効果がある

医療脱毛の場合、毛根そのものにアプローチし根こそぎムダ毛を除去できるため、毛根のあったスペースが閉じ毛穴が目立たなくなります。毛穴がきゅっと引き締まるので、黒ずみやニキビ、炎症などの肌トラブルも少なくなるでしょう。
また、自己処理を繰り返すことで起こる炎症や色素沈着のリスクを避けることが出来ます。毛がなくなることで肌に当たった光が反射しやすくなるので、なめらかできめ細かい印象となります。
医療脱毛によるレーザーによって、ホクロやシミの色素が薄くなることもあります。そのため、残しておきたいホクロがある場合は施術前に担当者に伝えておくことが大切です。

エステ脱毛との比較

エステ脱毛による顔脱毛にも美肌効果があります。ただし、医療脱毛よりも出力が弱いため、毛根から根こそぎ脱毛できるわけではなく、毛が発毛するもとである毛乳頭は存在するため、その分だけ毛穴の開きがあり、医療脱毛ほど毛穴が引き締まらないでしょう。しかし、出力が弱い分施術の痛みが少なく、敏感肌などの肌がデリケートな方でも受けやすい顔脱毛ともいえます。

自己処理との比較

自己処理によって表面的に生えているムダ毛を処理できるので、一時的に化粧ノリや肌触りがアップするかもしれません。しかし、時間が経つとまた毛は生えてきますし、自己処理による肌へのダメージを蓄積していることに変わりはありません。正しい自己処理をしない限り、肌トラブルを起こしやすい状態といえます。

医師によるケアで安心

医療脱毛が安心であるのは、やはり医師が常駐しており医師による診断やケアを受けられるという点です。
医療脱毛は医療行為であるため、エステ脱毛とは根本的に異なります。もし肌トラブルが起きたとして、医師による適切な処置をいち早く受けることができるため、回復も早く大きなトラブルを未然に防ぐことができます。
脱毛後、もし炎症などあれば抗炎症剤など医薬品を処方することもできます。このように、脱毛後のアフターケアも肌状態に合わせて適切に対応してくれるでしょう。
顔はほかの部位よりも皮膚が薄くデリケートであるため、トラブルを起しがちなパーツです。さらに女性にとっては顔の肌状態は気分を大きく左右する大切な場所。だからこそ、医療脱毛という安全を選択することが、安心につながるともいえます。

エステ脱毛との比較

エステ脱毛の場合、医師が常駐しているわけではないので、肌に何かしらのトラブルが起きても、すぐに処置することはできないうえ、薬なども処方できません。そのため、ご自身で皮膚科などを受診する必要があります。
また、脱毛後のケアについても、エステ脱毛では保湿のためのケア用品を渡すことのみで、肌の状態に合わせた医薬品などを処方することはできません。かゆみや赤みがひかないといったトラブルについても、エステやサロンで対応できることには限界があります。
もしもの場合を考えると、医療脱毛のほうが安心できるといえます。

生え際やもみあげのデザインが美しい

生え際やもみあげのデザインを決めることができるのも、顔脱毛のうれしいポイントです。
特に医療脱毛の場合は強力なレーザーを照射するため、生え際やもみあげなどの比較的毛質が太く濃い毛に対しても威力を発揮し、思い通りの生え際やもみあげのデザインを実現することが可能です。

エステ脱毛との比較

エステ脱毛の場合、光の出力が弱いために生え際やもみあげへの脱毛は限定的です。希望のデザインにするためには、施術の回数がより多く必要になり、サロンに通う期間も長くなるでしょう。

自己処理との比較

自己処理では生え際やもみあげを整える方は少ないかもしれませんね。
もし自己処理で整えるなら、慎重に処理する必要があります。ちょっとでもラインがずれてしまうと、また毛が生えそろうまでその状態が続いてしまうことになりかねません。生え際やもみあげについては、プロにお任せしたほうがよいでしょう。

やっぱり気になる!医療脱毛のデメリットは?

医療脱毛にデメリットはあるのでしょうか。
メリットもあれば、やはりデメリットも存在します。両方を念頭に置いたうえで、どのような方法で顔脱毛をするのか検討してみましょう。

1回あたりの費用が高い

医療脱毛の場合、1回あたりの費用はエステ脱毛よりも高い傾向があります。
しかし、産毛もきれいに脱毛して希望通りの状態にするには、前述のとおり施術回数を重ねる必要があるため、トータルのコストとして換算すると医療脱毛とエステ脱毛ではコストの面で大きな差はなくなります。
数回、試しに顔脱毛をする場合はエステ脱毛のほうが安く済ませることができますが、理想とする状態があるのであれば、トータルのコストを踏まえて検討することをおすすめします。

施術の痛みが強い

医療脱毛による顔脱毛のほうがエステ脱毛に比べて、施術の痛みは強いといえます。もちろん自己処理よりも痛みを伴います。毛根を破壊して半永久的に毛が生えない状態にするには、どうしても出力の強さが重要であるため、照射時の痛みも強くなります。
施術の痛みが不安な場合は、クリニックによって体験メニューを設けているので、痛みに耐えられるか試すこともできるでしょう。また、痛みの感じ方は生理などのホルモンバランスの変化や体調によって異なり、痛みを強く感じるときもあるかもしれません。その場合は、麻酔クリームを使用したり、出力を下げたりなど対処してくれるので、遠慮せずにスタッフに伝えるようにしましょう。

大切な顔だからこそ医療脱毛で!

顔は女性にとって大切でデリケートなパーツです。だからこそ、きれいに保ちたいしトラブルも避けたいものですね。
顔脱毛はムダ毛をなくすだけでなく、女性の悩みを解決してくれる方法でもあります。しかし、敏感なパーツであるからこそトラブルも起こしやすいのも事実。医師が常駐し、医師の指導のもと適切に受けられる医療脱毛を選択することで、安心してつるつるな肌を実現させましょう。

ダイオードレーザーとは?脱毛や美容医療への応用について

ダイオードレーザーとは?脱毛や美容医療への応用について

  • 脱毛コラム
更新日:2021年05月11日

医療レーザー技術は1983年のハーバード大学から発表された理論をきっかけとして、爆発的に進歩を遂げてきました。 一言で「レーザー」といってもいろんな波長のレーザーがあり、照射方法もフラクショナルからマイクロニードリングま...

詳しく見る

脱毛前後の飲酒がNGな理由とお酒を飲んでしまった場合のリスク

脱毛前後の飲酒がNGな理由とお酒を飲んでしまった場合のリスク

  • 脱毛コラム
更新日:2021年05月10日

脱毛前後に飲酒することで、施術結果に影響を与える可能性があることを、ご存知でしょうか? 実際、飲酒と脱毛の間に特別関係があるとは考えにくいので、脱毛の施術を受ける前日や当日にアルコールを飲む人がおられるかもしれません。 ...

詳しく見る