全身脱毛なら学生のうちがおすすめ!医療はあり?なし?

「脱毛は若いうちにやっておいたほうがいい」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。または、子供には早めに脱毛をさせてあげたいとお考えのお母さまもいるはず。
ではなぜ、中学生や高校生、大学生といった学生のうちに全身脱毛をすることがよいといわれているのでしょうか。
その理由や学生には医療脱毛がおすすめである理由、学生が脱毛をする際に気をつけたい注意点についてご紹介します。

全身脱毛なら学生のうちがおすすめ!その理由とは?

全身脱毛をするなら学生のうちがおすすめなのは、どうしてなのでしょうか。
実は、学生である時期に脱毛をスタートすることで得られるメリットがたくさんあるからなのです。
この理由について詳しくご紹介します。

学生割引が使える

学生だからこそ全身脱毛をしておきたいメリットのひとつが、学生割引が使えるという点です。
全身脱毛にかかる費用は少額ではないため、まとまった出費となります。しかし、費用がかかるからこそ、割引やキャッシュバックが適用になると、かなりお得に脱毛をすることができるのです。これこそ、学生だからこそ契約しておくとよい大きな理由といえます。
経済的負担を抑えたいなら、学生のうちに学割を利用して全身脱毛を終わらせておく、もしくは、学生のうちに契約を済ませておくとよいでしょう。
学生の間に契約しておくと卒業して社会人になっても、プランを変更しなければ、割引料金が適用されたまま脱毛を継続することができます。脱毛は1回で終わらず、継続して施術する必要があるものだからこそ、学生のうちに契約しておくことで長期にわたってお得に脱毛を続けることができるのです。
多くのクリニックやサロンでは、学生を対象とした割引やキャッシュバックなどの学割プランを用意しているので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

施術のための時間を確保しやすい

全身脱毛では、1回の施術に90分から150分とまとまった時間がかかります。また、1回の施術で全身脱毛が完了するわけではなく、一般的に5回から8回程度レーザーを照射します。
さらに、毛周期とよばれる毛が生え変わるサイクルに合わせて施術をする必要があるため、2か月または3か月に1度通院することになります。
このように脱毛の効果を上げるためには、ある程度決められた範囲内で複数回通院する必要があるため、社会人になるとなかなか自分の都合のいいように時間を確保したり、スケジュールを合わせたりするのが難しくなります。
例えば、社会人になって、土日祝日などの休日や平日の夕方以降などを利用して予約を取ろうとしても、混雑しており予約がなかなか取りづらいもの。その点、学生であれば社会人よりも時間の融通がきくため予約が取りやすく、脱毛に最適なタイミングで施術を受けることができます。
せっかく始めた全身脱毛だからこそ、効果を最大限にできるタイミングで施術を受けたいはず。施術のスケジュールに合わせて通院しやすい学生の間に全身脱毛を完了させておくと、その後の時間を有効活用できるでしょう。

ムダ毛処理の時間を他に充てられる

ムダ毛の処理は地味に厄介で時間のかかるもの。
ムダ毛処理に費やす時間をトータルしたらいったい何時間かかるのだろう・・・と考えたことのある方もいるはず。
しかし、全身脱毛をしてしまえばムダ毛処理の必要がなくなるため、自己処理で失われていた時間を他のことに充てることができるようになります。
ムダ毛を気にして不快になったり、処理をしなければと焦ったりしなくなるので、より充実した有意義な時間を過ごせるようになるでしょう。

きれいな肌をキープできる

ムダ毛の自己処理は、どうしても肌を傷つけてしまいます。
気になるからと自分で処理をすればするほど肌を痛めてしまい、色素沈着や毛の埋没など回復に時間のかかるような症状に発展することもあります。こうなってしまうとムダ毛だけでなく、自己処理によるさらなる悩みや問題を自ら作り出してしまいかねません。
若くてきれいな肌だからこそ、きれいな状態をキープしたいもの。
若いうちに全身脱毛をすることで肌を痛める自己処理から早く卒業し、美しくみずみずしい肌を保つことができるでしょう。

全身脱毛なら医療脱毛がお得!

全身脱毛するなら、クリニックで受ける医療脱毛かサロンやエステで受けるエステ脱毛か迷ってしまうかもしれませんね。
どちらにもメリットやデメリットがありますが、学生が全身脱毛をするのであれば、医療脱毛がおすすめです。
学生である場合、なぜ医療脱毛による全身脱毛がお得なのか、その理由をご紹介します。

永久脱毛だから自己処理が不要になる

医療脱毛は永久脱毛できる唯一の手段です。
医療脱毛では、皮膚の下に埋もれている毛乳頭と毛母細胞とよばれる毛を生えさせる元をレーザーで破壊することで、この発毛組織から二度と毛が生えないようにすることができます。そのため、半永久的に毛が生えない永久脱毛が可能になるのです。
エステ脱毛の場合は、永久脱毛ではなく減毛や除毛の効果しかありません。そのため脱毛をしたとしても、そのうちまた毛が生えてきてしまうのです。
せっかく若いうちに全身脱毛するなら、永久脱毛ができる医療脱毛をすることで、その後の自己処理から卒業したいはず。その点、学生のうちに脱毛するなら、永久脱毛が可能な医療脱毛のほうがお得といえます。

医療機関だから安心

医療脱毛は医療機関で行われる脱毛であるため、医師が常駐しています。
医療脱毛では強力なレーザーが照射できる医療脱毛機を使用するため、医療機関でなければ使用を許可されていません。
もし万が一トラブルが起こっても、医師が迅速に対応してくれるので心配ありません。また、皮膚科医が診察をしたうえで脱毛を受けることができるのも、安心できるポイントでしょう。
一方、エステ脱毛でトラブルが起きても医療従事者がいないため、自分で診察を受けに病院に行くことになり、さらに診察料を自ら支払うことになります。
学生のうちに始めるからこそ、安全で安心できる医療機関で、医師の指導のもと施術してもらえる脱毛のほうがよいでしょう。

施術回数が少ない

医療脱毛では、強力なレーザーを照射するため施術回数が少なくて済みます。
全身脱毛の場合、5回から8回程度で脱毛を完了させることができますが、エステ脱毛だと照射のパワーが弱いため、満足のいく効果を得るためには施術回数が目安として14回以上と多くなることも少なくありません。
学生であれば時間に余裕があるとはいえ、施術のために何回も通わなければならないのも億劫になってくるかもしれません。
医療脱毛であれば、一度の照射できっちり処理していくため、効果の実感も早く、脱毛完了までの期間も短くて済みます。脱毛にあまり時間をかけたくないのであれば、断然医療脱毛がおすすめです。

医療ローンを組むことができる

医療脱毛であれば医療機関であるため、医療ローンを利用することができます。
審査にさえ通れば、医療ローンは通常のカードローンよりも手数料が低いので魅力的です。また、クリニックによっては利息を負担してくれるところもあります。
全身脱毛の費用を学生割引適用のうえで、医療ローンで分割で払うことができれば、毎月の負担を大幅に軽くすることができるでしょう。
未成年でも医療ローンを組むことができる場合がありますが、承諾書などの必要書類を揃えて提出する必要があります。クリニックによって医療ローンの内容も異なりますので、必ず確認してから契約するようにしましょう。

学生が脱毛を受けるときに気を付けたいこと

学生が脱毛を受ける場合には、いくつか注意点があります。
未成年であるからこそ、押さえておかなければならないポイントもあります。学生が脱毛を受ける際に気を付けたいことを事前にチェックしておきましょう。

未成年は親権者の同意が必要

未成年である場合は、親権者の同意が必要となります。
親権者の同意があるかどうかの確認方法は、クリニックによって異なります。
親権者のサイン、捺印のある同意書の提出が必要であったり、カウンセリング時に親権者の同席が必要であったり、親権者に電話で確認をとったりなどさまざまです。そのため、ご家族としっかり話し合い、同意を得たうえで契約することが大切です。

卒業や引っ越しにかかる契約内容のチェック

全身脱毛を始めると、個人差はありますが約1年前後の期間を要します。
その期間中に、卒業や引っ越しなどで居住地が変わることもあるかもしれませんね。通っていたクリニックに通いづらくなる、遠くなってアクセスが悪くなることもあるでしょう。
店舗数の多いクリニックであれば、契約途中であっても引っ越した先で別の店舗に継続して通院することが可能な場合があります。
しかし、クリニックによって対応は異なるため、卒業や就職などで居住地が変わる可能性がある場合は、契約途中における店舗の移動や継続の可否などについて事前に確認しておくとよいでしょう。

ホルモンバランスが不安定である

思春期という性成熟の過渡期には、身体は大きく変化します。
成長ホルモンの分泌が増大し、大人びた身体へと変化を遂げる第二次性徴が起きる時期にさしかかると、成長ホルモン以外にもさまざまなホルモンが大量に放出され、ホルモンバランスが不安定になります。
ホルモンバランスが不安定だと、毛の生え変わりのサイクルである毛周期も影響を受け安定しません。また、毛を作り出す組織構造が未熟であるため、毛の太さや濃さもまばらです。
身体が成人に変わる第二次性徴が起きる前のホルモンバランスが不安定なうちに脱毛を受けると、脱毛を受けた時点で生えていなかった毛が大人になるにつれて生えてくる可能性があります。
そのため、脱毛を受けたのに時間が経ってから毛が生えてきた!というのは、脱毛の効果がなかったのではなく、身体の成熟につれて毛が生えたというケースが大半だといえます。身体の成長は個人差がありますが、16歳以降であれば第二次性徴が終わるので、この年齢を目安に脱毛の開始時期を検討してみてもよいでしょう。

学生のうちに全身脱毛をスタートしよう!

学生のうちに医療脱毛で全身脱毛をスタートさせれば、その後のムダ毛処理から解放され、時間も有意義に活用でき、おしゃれも思う存分楽しむことができることでしょう。
ムダ毛がないツルツルのきれいな肌をキープできることで、自分にも自信が持てるはず。
ムダ毛という地味だけど重くのしかかる不満がなくなると、毎日を気分よく軽やかに過ごすこともできます。
学生だからこそ、医療脱毛でお得に全身脱毛を始めておきましょう。

VIO脱毛後に不正出血は起きることはあるの?子宮への影響なども解説

VIO脱毛後に不正出血は起きることはあるの?子宮への影響なども解説

  • VIO脱毛コラム
更新日:2021年06月11日

デリケートゾーンの脱毛であるVIO脱毛。 脱毛によって得られるメリットも大切ですが、女性にとって大切なエリアですから、特にトラブルが発生しないか気になる人もおられるでしょう。 特に施術後に不正出血が起こるのではないか、心...

詳しく見る

もみあげ脱毛で失敗しないための5つのポイント

もみあげ脱毛で失敗しないための5つのポイント

  • 医療レーザー脱毛の痛みとリスク
更新日:2021年06月28日

顔脱毛のなかで、意外と人気があるのが「もみあげ脱毛」です。 「もみあげ脱毛なんて、男性だけでしょ?」と思うかもしれませんが、もみあげがきれいに整っていると繊細な印象になり、女性らしさをアピールできます。 しかし、もみあげ...

詳しく見る